パエリアは苦しいときのご馳走だった - Daydreaming
fc2ブログ

パエリアは苦しいときのご馳走だった

日本でオシャレ~なスペイン料理とされているパエリア
  いや オシャレと思ってるのは私の勘違いだろうか?

いずれにしても
たまたま見かけたTVでその謎が解けた(自分の中でね)

11月25日(土)の夜に 多分再放送だと思われる 
バレンシアのパエリアが紹介されてた

アラブ人の持ち込んだ米と 近海でとれる魚介を合わせて
戦争等の苦しかった時期に家族で食べたとのこと

日本で言うと 家庭の鍋料理かお好み焼きやBBQ?
または関東のもんじゃ焼き(まだ食べたことない)か イタリアのピザ? 
家族や気の置けない仲間と食べる肩の凝らない料理のようだ
映像では家族で談笑しながら直にスプーンですくってたしね

やはり 日本のレストランで頂くパエリアは日本化されてるみたい(1回だけ食べた)
現地で頂いた時は2回とも個別に盛られて
ビジュアルもイマイチなので これってコース料理で食べる物なのか疑問だった
しかもメインディッシュとしてはタンパク質が少ない

でも同じツアーの他人様と同じ鍋にスプーンは突っ込めないし
個別盛りは日本人用だったのね

ということで スペインで頂くパエリアの1人鍋はあり得ないって事になる
スッキリした!
関連記事
スポンサーサイト



 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは♪
パエリアって戦時中の食べ物だったんですね!

私、Daydreaming さんの記事を読んだ時に、「そう言われて見ると日本で食べるパエリアって豪華なのに、スペインのホテルのブュッフェで食べたパエリアらしき物は普通だったな」と思って、調べてみたら、BBQみたいな物って書かれていて、納得しました。

この記事を読ませていただいて、より深い勉強になりました!

kanonさんへ

はい、やっぱりその程度だよね!と 私もスッキリしましたよ。

家でなんちゃってパエリアを作るときは具材をいっぱい入れるんですが、現地ではほとんど具が入って無くて、何か侘しい感じなんですよ。

安いツアーしか行ったことないから食事が貧相なのかも知れませんけどね。

コメントをありがとうございました。
株価&為替ボード
最新記事
Tree-Arcive
category
Recent comment
管理者

Daydreaming

Author:Daydreaming
旅行とトレーニングの備忘録

Link