2011年05月 - Daydreaming
fc2ブログ

カザンラクへ

プロヴディフからカザンラクへ
約110kmの道のりをバスで走る
例によって 店もなければナ~ンもない
あるのは点在する農家と畑と山と木

ガソリンスタンドでトイレ休憩をする
男女ともトイレは一ヶ所ずつしかないのが普通だ
行儀よく順番を待つしかない
観光客が来るなんて 
この国にとっては『想定外』だったに違いない

「バラ博物館」で
有り金の全てを使い果たす覚悟はできていた(笑)
ブルガリアと言えばヨーグルト・長寿・バラ・・だよね
バラ博物館に行くのよ
期待は大きいさ!

バラ博物館の写真は取り損ねた
別の言い方をすると
撮るところがなかった

小じんまりした工場らしき建物の中に
バラの精油を取り出す為の古い機械と古い写真
期待していた売店はとても狭くて
売ってるものはロウソク・石鹸・香水・ハンカチ・化粧水・・・
ぅ・・・ぁ・・・っ  欲しい物がない

精油のミニボトル付きハンカチを2枚も買う
いったい誰がこのハンカチを使うのだ?
そしてバラの香水のミニボトルも買う



そうね そうそう こんな時期に来た私が悪かった
バラ祭りのときに来なきゃいけないのよ

民族衣装を着たきれいな女性達が
楽しげに歌や踊りを披露する 
彼女たちが小脇に抱える籠の中は
綿のようなフワフワの赤やピンクが詰まってる

むせかえる程に香るバラの花びら
期待に胸を膨らませ沿道で見守る私
祝福するかのように花びらが舞い落ちる・・・・
・・・と こうだったらよかったのになああああ


  

妄想はさておき
この日の昼食は街のレストランで頂いた

タラトール:冷静ヨーグルトスープ
刻んだきゅうりのお漬物を
薄めたヨーグルトに混ぜちゃったら こうなっちゃった・・・
・・・みたいなお味

RIMG0906_convert_20110501141252.jpg
地酒:バラの香りの焼酎

RIMG0905_convert_20110501141039.jpg
デザート:これはおいしかったなあプリンのケーキ
いや・・ トルコのライスケーキに似てたわ

RIMG0907_convert_20110501141427.jpg
お紅茶:お隣の方が頼んだ紅茶

あれ?メインディッシュがない
撮り忘れたのかしら・・・・・
きっと 漬物のキュウリに圧倒されて撮り忘れたに違いない!
関連記事
スポンサーサイト



 

ヴェリコ・タルノボへ

カザンラクでバラ博物館とトラきア人の墳墓(レプリカ)を見学した後
約2時間かけてヴェリコ・タルノボへ



かつての王宮があったとされるツァレヴェツの丘を
橋のたもとから見学し
職人街と呼ばれるサモヴォツア通りを
土産物屋を冷やかしながら集合場所まで坂を下る

RIMG0913_convert_20110501141555.jpg


3日目の夜は 
ヴェリコ・タルノボの市街にあるホテルで過ごした
RIMG0919_convert_20110505143156.jpg
建物は大きいのに 全てにおいて古かったなあ
地震国日本から来た私からすると怖い限りだけど
そんなこと 文句を言おうものなら
「もっとお金を払ってください!」って
言われるに決まってる・・・我慢ダ

建物に負けず劣らず古いオジサン達が
耳触りのよい音楽を次から次へと奏でるんだよね
古くて設備も大したことないのに
四つ星って・・・生演奏でポイントを稼いでる?


RIMG0917_convert_20110505142901.jpg
その夜 美味しかったのは
デザートのケーキだけ~

このあたり一帯って 
ハンガリーと同じようにパプリカを使った料理や
トルコのケバブとか(ブルガリアではケバブチェ) 
それらの中間点にあって 
どちらの食文化も入ってるのね
見てくれはトルコ料理に似てるけど
味はハンガリー風で 
トルコほどスパイシーじゃないな

肉の衛生管理が良い分
香辛料で誤魔化す必要がないのかも
・・・ってのが感想ですワ
関連記事
 

ルーマニアへ

4日目の朝
ヴェリコ・タルノボのホテルを出発し
ブルガリア・ルーマニアの国境を越えた
ホテルを出てから3時間半でブカレストに到着した
トイレ休憩だけの 長い長い195kmである




これは チャエセスクが演説を断念して
ベランダからヘリで飛び去ったという 共和国宮殿



ルーマニア正教の総本山である大主教教会
RIMG0930_convert_20110512232616.jpg
上の写真 ↑ 見えるかなあ
撮ったつもりなのに ちゃんと塔の先まで入ってないのが残念
3本ある塔の真ん中に 
正教会の十字架がイスラム教の象徴である三日月を踏みつけるように配されているの
歴史を感じるなあ
RIMG0932_convert_20110512232712.jpg



国民の館
RIMG0927_convert_20110512232405.jpg
整備されたただっぴろい場所に
旧共産制時代のいかめしい建物が建っている
これはこのまえなんかのテレビ番組でも見かけたわ
有名な建造物なんだね


ブカレスト市内を観光後
レストランで遅めの昼食をとった
お腹はペコペコなんだけど
出されたシチューの肉が多すぎて完食できない
RIMG0934_convert_20110512233131.jpg
こちらはシチューとは言っても
日本人の考えるシチューとは違うんだね~
汁は少な目 具は多目で 煮込み料理ってところかな

しかも上の写真の黄色い塊りのママリガってのが頂けない・・・
トウモロコシを挽いて粉にし 
煮てから牛乳とバターを混ぜ込み
ママリガにして食べる・・・らしいが
ママリガ&肉料理=「主食&主菜」=ひと皿で完結・・だそうだ 
名付けて「ひと皿完結」(造語デス)

ドイツで食べた
「豚肉の巨大ロースト&マッシュポテト&ザワークラウト」に似た構図ですな

RIMG0935_convert_20110512233343.jpg
バナナにアイスにチョコに生クリーム
シンプルなデザート大歓迎
あ~~~おいしい!


2011/5/13 Friday
My weight : 59.10 kg
Body fat percentage : 28.3 %
The distance I ran : 3.3 km / 30 min
The total hours of muscle training : 30 min
Abdominal training : 90 times
Stretch training : 30 min


関連記事
 

シナイアへ

ブカレストからシナイアへの移動は2時間半
約130キロの道程だ

渋滞で到着が少し遅れたらしい
シナイアのペレス城にバスが着いたのは
5時を少し回ったころだろうか
足早に進む私達のすぐ目の前で係員がゲートを閉めた

日本人感覚からすると
「入場料を取っといて 閉館時間が近いからと 早々とゲートを閉めて帰り支度」って
どういうことやねん!?
と 言いたい

同行のルーマニア人ガイドと係員達との長い交渉の末
ようやく中に入ることができたが
外観を観るだけにとどまった

私たちが城内の庭を散策している時も
写真を撮っている時も
係員達が遠巻きにこちらを見ている
それはまるで 
放牧の羊の群れを囲む羊飼いのようであった
早く帰れよー 日本人・・・って
言葉は発っしなくとも 目が冷たい

確かに美しい城であった
領主様の夏の離宮にふさわしい瀟洒な造りである
でも ルーマニア人は働かない・・・ってことを
ルーマニア初日にわかった

帰りは当然のごとくゲートが閉じられていた


6時前には次の観光地であるシナイア僧院に移動した
慌ただしいったらありゃシナイ ア
RIMG0950_convert_20110523073431.jpg
RIMG0954_convert_20110512234225.jpg

記憶が定かでないので
一応 インターネットや印刷物で
地名や建造物の確認をしながら書いている

ブルガリア人ガイドに比べ 
英語がお上手だったルーマニア現地ガイドが 
インターネット上の写真に収まっているのを見て
ひとり可笑しくなった

ルーマニア観光最後の夜
「小銭が残ったら お世話になったガイドさんにあげるのもいいですよ」
と言う添乗員の言葉を聞き流して
小銭をすべて愛想の良いバスの運転手にあげてしまった
突き出たお腹を揺らしながら
顔をくしゃくしゃにして喜んでたなあ~ ハグ
運転手の写真も撮っておけばよかった・・・・




2011/5/17 Tuesday
My weight : 59.00 kg
Body fat percentage : 28.4 %
The distance I ran : 3.1 km / 30 min
The total hours of muscle training : 30 min
Abdominal training : 100 times
Stretch training : 30 min

関連記事
 

シナイア HOTEL PALACE

シナイアでは2連泊だ
歴史のあるいいホテル・・・・と
言われても期待できない性分になってしまった
歴史ある≒古い ってことなんだもん

改装して間がないらしく小奇麗ではあった
ロビーはまるで小さな宮殿だ

エレベーターを降りてすぐの廊下はこんな感じ

改装したのはロビーだけか?
古くて長くて暗くて 怖いじゃないかっ!
自分の部屋がはるか向こうの暗闇にないことを祈りながら歩く

夕飯はホテル内のきらびやかなレストランで取った
ルーマニアの前大統領一家もお食事に来るらしい・・・
かなりなお歳らしいが 
新しい若い奥さまと幼児を伴ってお出ましになるらしい・・
なかなかやるね

RIMG0958_convert_20110523074007.jpg
山盛のサラダに
RIMG0959_convert_20110523074257.jpg
これはなんだったかな
ロールキャベツだったかな
RIMG0960.jpg
最後はフルーツのデザート

ところで 
日本から持参のボールペンが
インクは透けて見えるのに 
出なくなった

どこかのホテルにボールペンくらいは置いてるだろうと
高をくくっていたのだが どこにもない
高級と言われるこのホテルの部屋にもなく
ボールペンが欲しいとフロントに言うと 「買え」と言われた
どこが高級なんだ?



2011/5/23 Monday
My weight : 59.25 kg
Body fat percentage : 28.6 %
The distance I ran : 2.9 km / 30 min
The total hours of muscle training : 40 min
Abdominal training : 90 times
Stretch training : 30 min
関連記事
 
株価&為替ボード
最新記事
Tree-Arcive
category
Recent comment
管理者

Daydreaming

Author:Daydreaming
旅行とトレーニングの備忘録

Link