Daydreaming

備忘録

ブリトヴィッチェ湖畔国立公園 その1

雪! 2010/6/29 Tuesday
My weight :
59.10 kg
Body fat percentage : 
28.9 %
Abdominal training :
80 times
The distance I ran :
 5.1 km / 20 min
The total hours of muscle training : 
40 min
Stretch training : 30 min

6日目。前の席にすわろうと、早々とスーツケースを出してホテルの玄関に陣取りました。外は何と吹雪です。カメラの解像度を落としているので見にくいですが、横殴りの白い雪が見えるでしょうか。
雪で真白です  











朝8時半の出発です。車窓には真っ白い雪に覆われた台地が延々と続きます。運転手は、「この時期にこんな雪は初めてだ!」って言うんですけど、後で調べると、それほど珍しいことでもないようです。

この地域は春でも吹雪くことはある!ってことです。雪の積もった田舎道を一番目に通ることの怖さったら・・・・、日本じゃ味わえませんよ、みなさん!  60人乗りの大型バスでチェーンなしですからぁ~。
寒いです 










何しろ寒いです。毛糸を着込んで、上に撥水パーカーを着ました。ブリトヴィッチェに着くころには雪は雨に変わり、ちょっとマシ? いえいえ、とんでもない、土砂降りのままですよ。傘を差してますから頭に雨はかからないのですが、防寒のためにフードをかぶっています。手は冷たい雨の刺激で赤くはれ上がって痒いの何の・・・。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

☆。:*:゚* 2341222:*: o(*^0^*)o~♪Thanks♪:*:゚☆.:*★゚*:・☆

  1. 2010/06/30(水) |
  2. Croatia
  3. | コメント:0

コレンツァのホテルに到着

ほっと一息5日目、モスタルでの昼食を終え、クロアチアのコレニツァへ向け約330km北上しました。

北上と言っても、クロアチア領内の海岸線を、もと来た道に戻り、スプリットを超え、トロギルを越え、ザダルの横をかすめ、延々と走り続けるわけですねぇ。バス旅は疲れます。

北へ、山間部へ・・・・・。すると天気はだんだん悪くなり、コレニツァのレストランに着いたころは冷たい雨に変わっていました。

 









熊・イノシシ・キツネやネコまである(怖い)剥製だらけの、どう見てもツアー客専門の、ホールのように広いレストランでまずはホッと一息、ビールで乾杯(ちょっとした幸せ)。昨年のフランスで食べたのと同じようなバリバリに固いキャベツやトマトを頂きます。 そうだ、スープが先に出てきましたっけ。 続きを読む
関連記事

☆。:*:゚* 2341221:*: o(*^0^*)o~♪Thanks♪:*:゚☆.:*★゚*:・☆

  1. 2010/06/29(火) |
  2. Croatia
  3. | コメント:0

ボスニア・ヘルチェゴビナの古都モスタルへ

ボスニア・ヘルチェゴビナ 2010/6/22 Tuesday
My weight :
59.05 kg
Body fat percentage : 
29.2 %
Abdominal training :
60 times
The distance I ran :
 5.3 km / 20 min
The total hours of muscle training : 
40 min
Stretch training : 20 min


ツアー5日目。ボスニア・ヘルチェゴビナの古都モスタル観光へ。ドブロブニクのホテルを朝8時に出発し、バスで約115km移動して到着しました。 









『あぁ、ついにこんな危険地域まで来てしまったわ。』っていうのが、その時の私の正直な感想です。ニュースでみた遠い国。20年たった今も生々しく、そこかしこに激しかった紛争の傷跡が見られます。
 









イスラム教徒が多く住むといわれるこの国の、キリスト教の教会近くにやってきました。日本と違って警備の人もいない駐車場は、見ての通りの混雑ぶりです。
車でごった返し 












その日はたぶん復活祭で、礼拝に訪れる人であふれかえっていました。車も勝手に停めてるものですからグチャグチャですね。駐車場に入るにも、前の車が全く前に進まず、私たちは途中でバスを降り、徒歩で観光に向かいました。
 
続きを読む
関連記事

☆。:*:゚* 2341220:*: o(*^0^*)o~♪Thanks♪:*:゚☆.:*★゚*:・☆

  1. 2010/06/23(水) |
  2. Croatia
  3. | コメント:2