fc2ブログ

須磨離宮公園へ

約180種4,000株のバラが咲き誇る!春のバラ観賞会を5/7(土)~5/29(日)に開催【公式HPより】
GWに行くつもりにしてたのを鑑賞会に合わせて17日に変更した
平日でもシニアで賑わってる


須磨駅で下車し徒歩15分の筈だった

昔の職場の同僚達と喋るのに忙しく
交差点で道を間違えて東へ歩いてしまい
須磨警察の建物が見えて・・・これはマズイ!と地図確認
結局1時間も掛かって東口に到着

「運動になったなあ!」 「だよね」 「だよね」 「だよね~」と
無理矢理「運動した」ことにして汗をふきふき一休み・・・やれやれ
IMG_1281.jpg


レストランでバラを眺めながらモーニング
ベルギーで食べたワッフルには及ばないけど中々イケる
IMG_1280.jpg
お腹も満たされ 足の疲れも取れて
菖蒲園・温室と園内を元気に散策した
だけど・・・仲間内では最高齢の自分が1番健脚だったりして
石階段もひょいひょいと降りる
gymのトレーニングのお陰かな


帰りは須磨寺前商店街の寿司屋でランチをした
友人と一緒だと知らないお店も行けたりして楽しいな


頑張った!
Screenshot_20220517-211606.png
須磨離宮公園に行くとき
私鉄駅で降りると路地の迷宮に入り込む
まさかJR利用でも迷うとは思わなかったわ!
関連記事
スポンサーサイト



 
にほんブログ村 旅行ブログへ
 

モンサンミッシェル修道院

Monday. 5/16/2022
The distance I ran (or walked) : ** km / ** min 
The total hours of muscle training : 45 min 
    (Abdominal training : 85 times) 
Stretch training : 50 min


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

フランス5日目
出発  07:30
トゥールからモンサンミッシェルまで240km 4時間半の移動
途中のガソリンスタンド兼コンビニ兼ファストフード店みたいなSAで休憩しながら向かう
冷蔵ショーケースの中に変なsushiなる物も見つけた

修道院近くでに昼食を取った
名物のふわふわオムレツを・・・
空気を含ませプルプルに焼いて味はあまりなく食べられたもんじゃない
ツアーの誰かが醤油を出してそれを皆でオムレツに掛けて食べた
醤油・・・大事よねえ・・・おいしいわぁぁ
あちこち旅行してると大体ツアーの中に居るのよね醤油持参の方が(笑

名物のリンゴのお酒シードルも飲んでみた
行ったからには地元の物を口にすることにしてるけど
レストランが牛小屋の隣で
シードルの匂いか牛の糞尿か はたまた自分が臭いのか?!
分からなく 美味しくとも何とも思えなかった

シードルはイギリスではサイダーというお酒 日本ではサイダーというジュースになった
それから想像できるように発泡してる
発泡酒のシードルと 空気プリプリのオムレツは相性が悪い
お腹がガスだらけで苦しいよ!

なのでTVでフランス風オムレツを見かけても
食べたいとも思わない

行って見て食べて飲んでみないと分からないことは多いね!



世界遺産モンサンミッシェル修道院
晴天で強風 結構寒い
RIMG0107.jpg
見ての通り高さがあり内部の石階段を上る・・・きつい

最上階 回廊に囲まれた中庭
RIMG0115_convert_20090522074414_202205161411214f2.jpg
手入れされて日差しも入り良い感じ
回廊の柱も凝った造り

付属教会の外観
RIMG0110.jpg

最上階のテラスからの眺望
RIMG0110_20220516141532852.jpg
今見ても気持ちのいい景色だ
こんな干潟だとアサリとか(笑)潮干狩りも出来るだろうね


因みに モンサンミッシェル シードル臭い オムレツまずい・・・等と検索を掛けてみたら・・・あった
同じような体験をした人が同じようにブログに書いてた
シードルが獣臭いと書かれてたが隣が牛小屋だったことには気づいてないみたいだった
多分 私と同じで虎ピック酢ツアーで行ったのかも
虎ピック酢 御用達 牛小屋隣接 レストランだな!!
関連記事
 
にほんブログ村 旅行ブログへ
 

シャンポール城

ブールジュを後にロワール地方へ向け2時間150kmの移動
車中では首がもげそうになりながら寝てしまうが
夜は夜で爆睡できる

猟場だったらしい森を抜けシャンポール城に到着した
湖に浮いたように建つ美しいお城
ダビンチが設計したという2重らせん階段もある
20090522074720e89_202205151059061c7.jpg

通り抜けてきた森をバックにテラスで記念撮影
タイトルなし

テラスのある屋上には権力を誇示するためだけに作られた塔の数々があり
○式 □式と説明されても薄識な頭では覚えきれない
RIMG0106_convert_20090522074251_20220515105904008.jpg
ドラマ”ヴェルサイユ”では
ヴェルサイユ宮殿に住まわせてる貴族や親族を
狩りや遊興の度にまとめて別荘地の城に連れて行く
数百ある部屋は彼らにあてがうための物だったんだね

家臣の屋敷が城を囲む日本の城下町を考えると 
フランスの城は1つの城下町なのかも
旅行もドラマも歴史絡みでおもしろい


4日目のこの日はリヨンからトゥールまで600km以上・計8時間越えの移動だった

4泊目はトゥールの”クオリティ ハーモニ ホテル”で爆睡
関連記事
 
にほんブログ村 旅行ブログへ
 

日経超ムズ5/15版



赤丸はすぐ見つけられたのに
黒丸は答え合わせに頼った

何度見返してもダメな物はダメ |ω・`) 見つけられない
関連記事
 
にほんブログ村 旅行ブログへ
 

ブールジュ大聖堂

Saturday. 5/14/2022
The distance I ran (or walked) : 2.1 km / 20 min 
The total hours of muscle training : ** min 
    (Abdominal training : 40 times) 
Stretch training : 50 min


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

フランス4日目リヨンの朝は
起床 05:45
朝食 06:30
集合・出発 07:30

リヨンからブールジュまで370km
ツアーではよくあることだけど過酷だねえ
5時前には起きて風呂に入らねば間に合わない


さて バスに揺られて5時間 ブールジュに到着
添乗員さんに撮って貰った旅の記念
RIMG0102.jpg

自分で撮ると部分的にしか撮れない(いつものことだけど)
タイトルなし

街並
RIMG0101.jpg

フランスは広いわ~
農業国だけあって車窓からは広大な農地が見えた
あれだけ広いと機械化もかなり進んでると思われる
日本は山地が多くて大規模農業が難しい面もあるけど
農業だけで暮らしが成り立つなんて羨ましい限り
理科や数学をさほど必要とされないのも分かる気がする

RIMG0118_202205141458535f4.jpg
あって欲しくはないけど
食料とエネルギーが十分にあれば戦争になったとしても踏ん張れる
あ~ 羨ましい
強いて言えば第二次大戦後の農地改革で
貧富の差は縮まったけど農地が細分化され大規模化できないまま
とーちゃんかーちゃんばーちゃんの3チャン農業になり
今やじーちゃんばーちゃん農業で合理化は程遠く衰退の一途
これで経済が落ち込めば・・・・



話変わって
お金払ってツアーに参加してるのに
同じ参加者の夫婦連れの男性からはこんな風に話しかけられる
「ご主人は置いてけぼり?」・・・夫は年度末は忙しい
「女1人で大丈夫なの?」・・・せやからツアーに参加してんねん
「主婦なのによく来れたねー」・・・いやアンタより稼いでるかも
「ご主人の許可は取ったの?」・・・他人様のアンタに釈明が必要?
「浮気してないって証拠に風景入れて写真を撮ってあげるね」・・・浮気したいほどエエ男がいたら紹介して
「昼間っから女が酒飲んで恥ずかしい」・・・バカンスだからほっといてくれ
その横で奥様方は苦笑い
・・・これだから日本の男はモテない
その一つ一つに笑顔で答えてあげる私もなんて親切なんでしょ

まあ そのような了見の狭いアホな罵詈雑言に耐えながら
年数回でも外国に行けばたとえツアーでも知見が広がるってもんだ



あ~あ~ グチグチ書いてしまったわ 壁|m`)ムフッ
関連記事
 
にほんブログ村 旅行ブログへ
 

未受粉ズッキーニ

未受粉のズッキーニを収穫
未受粉でも肥料の効いてる最初は大きくなるみたい

豚ヒレのピカタを焼くフライパンの隅っこでついでに焼く
綠ズッキーニと違い未受粉でも柔らかくちょっと意外だった
これだけ柔らかいなら人工授粉したらもっと瑞々しいんだろなあ
明日は雌雄の花が揃いそう


************************************
5/13(金)は家族の手伝いで雨の中をウロウロ
スマホの入ったバッグを持って歩いた距離(スマホアプリで)
【7,067歩 5.2km 1時間3分】 gymより疲れる
関連記事
 
にほんブログ村 旅行ブログへ
 
ブログランキング参加中
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
最新記事
Link
ブロとも申請

リンクに追加

Tree-Arcive
category
管理者

miimii

Author:miimii
上海の外灘にて